*

【Outlook】保存フォルダ(archive.pst)が開けない。

急に「保存フォルダ」が開けなくなった。

Outlookのバージョンは、2007のSP3。

左のツリービューから「保存フォルダ」をクリックすると

このフォルダのセットが開けません。ファイルアクセスが拒否されました。

「このフォルダのセットを開けません。ファイル アクセスが拒否されました。C:\Users\~Outlook\archive.pst にアクセスするための十分なアクセス権がありません。」のエラーポップアップ。

午前中は開けたのに急に開けなくなった。

エラーの内容どおり、「archive.pst」を確認してみると

【画像】

なぜか、読み取り専用にチェックが入ってらっしゃるっ!

読み取り専用のチェックを外して、Outlookを再起動。

無事に「保存フォルダ」が開けました。

なぜ、「archive.pst」が読み取り専用になったかは不明ですが、エラーポップアップが的確で助かりました。

Adsense

関連記事

Microsoft Office

【Access】リンクテーブルが接続(表示)できない。

Accessを使用していて、リンクテーブルが表示(接続)できない。 あまりないけど、困った時に

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】文字化けを直す方法

メールをチェックしているとプレビューウインドに文字化け表示。 メール(Outlook)

記事を読む

Microsoft Office

【Microsoft Office】Access 2007でMDBファイルが開けない

こんばんわ。今日、ハマッたことを書きたいと思います。 会社の内線がなり「共有フォルダ上のAcces

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】エクセルを起動(実行)しても、何も表示されない。

仕事の共有で使用しているエクセルを開くと、Excelの枠だけ表示されて何も表示されない。 壊れ

記事を読む

データベース

【SQL Server】Excel VBAでSQLを実行し、レコードを更新(追加、更新、削除)する

VBAでSQL Serverのテーブルに SQL(Insert、Update、Delete)を発行

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】プレビューウインドウ(閲覧ウインドウ)で表示したら、メール既読のオフ設定

前回、「Outlookの開封メッセージ送信を先送りにする方法」で、少し書きましたが、 私用のメ

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】開封メッセージ送信を先送りする技。

朝一でOutlookを起動したら、開封確認のメッセージ。 すごく嫌。個人的には、非常に嫌い。

記事を読む

Microsoft Office

【拡張子:accde】Access2007でaccdeの使い道と作成方法

うちの職場ではEUC(End User Computing)として Access2007 を多用して

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】「メモリまたはディスクの空き容量が~」のポップアップで開けない時の対処法

メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません。

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】複数項目を指定した昇順、降順の並べ替え方法

Excel 2013でのお話。 なぜかわからないが、Excelのオートフィルターを使うと単一の

記事を読む

Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Microsoft Office
【Access】削除クエリの「指定されたテーブルから削除できませんでした。」の対処法

削除クエリで「指定されたテーブルから削除できませんでした。」と ポッ

Microsoft Office
【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完

データベース
【SQL Server】Excel VBAのレコードセットを使ってテーブルの一括更新

前々回は読み取り専用でレコードセットへ取得し、結果をエクセルへ書き出し

application
【Visual Studio】デバック、ブレークポイントで止まらない。

Visual Studio 2015でVB.netのプログラムをデバッ

データベース
【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/updat

→もっと見る

PAGE TOP ↑