*

【Access】クエリで小数点の切り下げ、切り上げ

Access2007には、roundup、rounddown関数がない。

なので、純粋に関数だけでは、切り下げ、切り上げを行うことができない。

いろいろなやり方があると思いますが、自分の中で簡単だと思う方法。

切り下げ方法

int関数を使って

int(【カラム名】)

切り上げ方法

int関数を応用して

-int(-(カラム名))

 実際にやってみる。

1.小数点を含んでいるテーブル作成

Access2007 小数点切り上げ、下げ 小数点があるテーブル

2.切り上げ、切り下げ方法を使用してクエリを作成

Access2007 小数点切り上げ、下げ クエリ作成

カラム1:通常表示

カラム2:切り下げ

カラム3:切り上げ

3.クエリの実行結果

Access2007 小数点切り上げ、下げ クエリの実行結果

Excelに関数があるのになぜっ!という感じですが、

とりあえず int関数の仕様が変わらない限りは大丈夫かな。

Adsense

関連記事

Microsoft Office

【Office】Access2007のピボットテーブルとExcel連携

仕事でAccess2007でEXCELみたいにピボットテーブルを使えますか? と質問を頂いた。

記事を読む

Microsoft Office

【Access】クエリ実行時に「引数が違います」と表示され実行できないときの対処法

Accessのクエリを実行すると 引数が違います とポップアップが表示され、クエリが実行できない

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】保存フォルダ(archive.pst)が開けない。

急に「保存フォルダ」が開けなくなった。 Outlookのバージョンは、2007のSP3。

記事を読む

データベース

【SQL Server】Excel VBAのレコードセットを使ってテーブルの一括更新

前々回は読み取り専用でレコードセットへ取得し、結果をエクセルへ書き出し 前回はVBAから更新S

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】Gmailを使う時のOutlookの設定方法

Gmailアカウント側の設定を行った上で、Outlookの設定を行います。 Gmailアカウン

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】PDFの添付ファイル付のメール送信でフリーズ。

OutlookでPDFファイルを添付して、メール送信するとOutlookがフリーズし、Outlook

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】VBAでセルの書き込みを5倍高速化する方法

Excel VBAで While文やFOR文を使用してループさせ、行、列をカウントアップして、 大

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】関数を一括でメモ帳などにコピーする方法

  セルに入力されている関数一つのみコピーしたい場合、対象セルを選択して、数式バーか

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】送信時の0x80040201エラーの対処

発生した環境 OSはWindows7。Outlookは2013。イーモバイルのPocket W

記事を読む

Microsoft Office

【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完璧主義のこだわり派には非常にイ

記事を読む

Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Microsoft Office
【Access】削除クエリの「指定されたテーブルから削除できませんでした。」の対処法

削除クエリで「指定されたテーブルから削除できませんでした。」と ポッ

Microsoft Office
【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完

データベース
【SQL Server】Excel VBAのレコードセットを使ってテーブルの一括更新

前々回は読み取り専用でレコードセットへ取得し、結果をエクセルへ書き出し

application
【Visual Studio】デバック、ブレークポイントで止まらない。

Visual Studio 2015でVB.netのプログラムをデバッ

データベース
【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/updat

→もっと見る

PAGE TOP ↑