*

【Access】クエリで小数点の切り下げ、切り上げ

Access2007には、roundup、rounddown関数がない。

なので、純粋に関数だけでは、切り下げ、切り上げを行うことができない。

いろいろなやり方があると思いますが、自分の中で簡単だと思う方法。

切り下げ方法

int関数を使って

int(【カラム名】)

切り上げ方法

int関数を応用して

-int(-(カラム名))

 実際にやってみる。

1.小数点を含んでいるテーブル作成

Access2007 小数点切り上げ、下げ 小数点があるテーブル

2.切り上げ、切り下げ方法を使用してクエリを作成

Access2007 小数点切り上げ、下げ クエリ作成

カラム1:通常表示

カラム2:切り下げ

カラム3:切り上げ

3.クエリの実行結果

Access2007 小数点切り上げ、下げ クエリの実行結果

Excelに関数があるのになぜっ!という感じですが、

とりあえず int関数の仕様が変わらない限りは大丈夫かな。

Adsense

関連記事

Microsoft Office

【Excel】エクセルを起動(実行)しても、何も表示されない。

仕事の共有で使用しているエクセルを開くと、Excelの枠だけ表示されて何も表示されない。 壊れ

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】送信時の0x80040201エラーの対処

発生した環境 OSはWindows7。Outlookは2013。イーモバイルのPocket W

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】「メモリまたはディスクの空き容量が~」のポップアップで開けない時の対処法

メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません。

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】Gmailを使う時のOutlookの設定方法

Gmailアカウント側の設定を行った上で、Outlookの設定を行います。 Gmailアカウン

記事を読む

Microsoft Office

【Access】クエリ実行時に「引数が違います」と表示され実行できないときの対処法

Accessのクエリを実行すると 引数が違います とポップアップが表示され、クエリが実行できない

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】Gmailを使う時の設定(Gmailアカウント側)

OutlookでGmailを使用するには、Gmailのアカウント側でいくつか設定をしなければいけない

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】保存フォルダ(archive.pst)が開けない。

急に「保存フォルダ」が開けなくなった。 Outlookのバージョンは、2007のSP3。

記事を読む

Microsoft Office

【拡張子:accde】Access2007でaccdeの使い道と作成方法

うちの職場ではEUC(End User Computing)として Access2007 を多用して

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】文字化けを直す方法

メールをチェックしているとプレビューウインドに文字化け表示。 メール(Outlook)

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】VBAでセルの書き込みを5倍高速化する方法

Excel VBAで While文やFOR文を使用してループさせ、行、列をカウントアップして、 大

記事を読む

Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Microsoft Office
【Access】削除クエリの「指定されたテーブルから削除できませんでした。」の対処法

削除クエリで「指定されたテーブルから削除できませんでした。」と ポッ

Microsoft Office
【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完

データベース
【SQL Server】Excel VBAのレコードセットを使ってテーブルの一括更新

前々回は読み取り専用でレコードセットへ取得し、結果をエクセルへ書き出し

application
【Visual Studio】デバック、ブレークポイントで止まらない。

Visual Studio 2015でVB.netのプログラムをデバッ

データベース
【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/updat

→もっと見る

PAGE TOP ↑