*

【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

公開日: : 最終更新日:2016/08/15 Microsoft Office, データベース , , , , , , ,

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/update/delete)

今回は、Select文を発行し、VBA上のレコードセットへデータ取得し、エクセルへ出力

※レコードセットを更新し、テーブルを一括更新(UpdateBatch)する場合はこちら

実行前の準備

ツール/参照設定の「Microsoft ActiveX Data Objects 6.1 Library」にチェックする

参照設定 - VBAProject

※6.1じゃなくてもOK。2.0、2.1、6.0で動作することは確認済み

顧客住所テーブルからレコードを取得し、
エクセルへ書き出すサンプル

Option Explicit
Sub SQL_GetRecordSet()
' #######################################################################
'
' SQL ServerにSELECT文を発行し、レコードセットへ取得し、Excelに書き出す。
'
' #######################################################################

    On Error GoTo ErrorProc

    Dim DBSrv As String
    Dim DBName As String
    Dim strSQL As String
    Dim rs As Recordset
    Dim strConn As String

    '----------------------------------------------------
    ' DBSrvにDBサーバ名、DBNameにデータベース名
    '----------------------------------------------------
    DBSrv = "DBSERVER\SQLEXPRESS"
    'DBSrv = "DBSERVER\SQLEXPRESS,49391" 'ポート指定付
    DBName = "db_Sales"


    '----------------------------------------------------
    ' 発効するSQLの作成(レコードセットへ取り込むSELECT文)
    '----------------------------------------------------
    strSQL = "SELECT * FROM [Customer].[顧客住所] WHERE 都道府県名 = '東京都'"
    

    '----------------------------------------------------
    ' 接続文字列の指定
    '----------------------------------------------------
    'Windows認証
    strConn = "Provider=SQLOLEDB;Data Source='" & DBSrv & "';Initial Catalog='" & DBName & "';Trusted_Connection=Yes"
    'SQL Server認証
    'strConn = "Provider=SQLOLEDB;Data Source='" & DBSrv & "';Initial Catalog='" & DBName & "';UID=【ユーザ名】;PWD=【パスワード】;"

    'オブジェクト生成
    Set rs = New ADODB.Recordset
    'SQLを実行し、読み取り専用でレコードセットへ取得
    rs.Open strSQL, strConn, adOpenForwardOnly, adLockReadOnly, adCmdText
 
    'レコードセットへ先頭へ
    rs.MoveFirst

    'Excelに書き出し
    Range("A1").CopyFromRecordset rs

    'クローズ
    rs.Close
    Set rs = Nothing

    Exit Sub

'エラー処理
ErrorProc:

    MsgBox Err.Number & vbCrLf & Err.Description

End Sub

検証環境
Excel 2007 or Excel 2013
SQL Server 2012

Adsense

関連記事

Microsoft Office

【Excel】「メモリまたはディスクの空き容量が~」のポップアップで開けない時の対処法

メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません。

記事を読む

Microsoft Office

【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完璧主義のこだわり派には非常にイ

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012】SQLでエクセル表示の実行エラーの対処法

SQLでエクセル表示を実行した時にエラーとなった場合の対処法。 実はSQLでエクセルファイルを表示

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】関数を一括でメモ帳などにコピーする方法

  セルに入力されている関数一つのみコピーしたい場合、対象セルを選択して、数式バーか

記事を読む

Microsoft Office

【拡張子:accde】Access2007でaccdeの使い道と作成方法

うちの職場ではEUC(End User Computing)として Access2007 を多用して

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】エクセルを起動(実行)しても、何も表示されない。

仕事の共有で使用しているエクセルを開くと、Excelの枠だけ表示されて何も表示されない。 壊れ

記事を読む

データベース

【Management Studio】データベースの定義を取得する方法

あくまでデータベース定義の取得です。 ※データベースのデータを取得する方法ではありません。

記事を読む

データベース

【SQL Server】データベース作成日時(リストアした日付)を確認する方法

トラブルの調査をするとき、開発用の環境を作成して、調査するのですが… この環境っていつ作成した

記事を読む

Microsoft Office

【Access2007】ODBCの罠。Windows7のコントロールパネルから作成したODBCがない。

Windows7の64bitでSQL Server 2012接続用のODBCを作成し Access

記事を読む

データベース

【レプリケーション】SQL Server 2012 Expressでレプリケーション

Windows Server 2012のSQL Server 2012 Expressを二台用意して

記事を読む

Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Microsoft Office
【Access】削除クエリの「指定されたテーブルから削除できませんでした。」の対処法

削除クエリで「指定されたテーブルから削除できませんでした。」と ポッ

Microsoft Office
【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完

データベース
【SQL Server】Excel VBAのレコードセットを使ってテーブルの一括更新

前々回は読み取り専用でレコードセットへ取得し、結果をエクセルへ書き出し

application
【Visual Studio】デバック、ブレークポイントで止まらない。

Visual Studio 2015でVB.netのプログラムをデバッ

データベース
【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/updat

→もっと見る

PAGE TOP ↑