*

【Management Studio】テーブル単位のメモリ使用量の確認

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 データベース , ,

1.Management Studioを起動し、メモリ使用量が確認したい対象サーバーへ接続

2.確認したいテーブルのプロパティを開く

・オブジェクトエクスプローラーで確認したいテーブルを右クリックし、「プロパティ」。

確認したいテーブルのプロパティを開く

3.テーブルのプロパティ画面で「ストレージ」をクリック

・↓の「データ領域」で確認することができます。

テーブルのプロパティ画面 ストレージ

ちなみに、画像では赤枠部分で隠れてしまっていますが、インデックス領域でインデックスのメモリ使用量も確認できます。

プログラムを作って、データセットなどにテーブルを保持する時は、現状をサクっと確認できて便利ですかね。

Adsense

関連記事

データベース

【SQL Server】Management Studioを使ったトランザクションログファイルの圧縮

「ファイルが書き出せない」と問い合わせを受け、DBサーバーのマイコンピュータ確認したら、Dドライブ(

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012】テーブル、カラム、主キー、NULL制約、データ型、長さ、INDEXの有無の一括表示

職場のシステムリプレースに伴い、データベースのテーブル(カラム)の一覧が必要になりました。 普

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012】バックアップ/リストア方法 バックアップ編

Management StudioでSQL Server 2012のデータベースバックアップファイル

記事を読む

データベース

【SQL Server】バックアップ取得日を確認する方法

前回の記事で、SQL Serverのデータベースのリストアした日付を確認するSQLを作りましたが、今

記事を読む

データベース

【SQL Server】varchar型、nvarchar型の文字数とバイト(byte)数を取得する

varchar型の文字数、バイト(byte)数を取得する方法 SELECT LEN(【文字

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012】SQLでエクセルをテーブルとして表示させる方法

SQL Management Studioを使用してインポート等は使用せずにSQLのみでテーブルを表

記事を読む

データベース

【SQLServer2012】バックアップ/リストア方法 リストア編

SQL Server 2012のデータベースをManagement Studioを使用して、リストア

記事を読む

データベース

【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/update/delete) 今回

記事を読む

データベース

【ODBC】Access2007でSQL Server 2012に接続する為のサーバー側の設定

ODBCでAccess2007からSQL Server 2012へ接続する為には SQL Serv

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012】バッチ(コマンドプロンプト)でリストア

バッチ(コマンドプロンプト)を使って、SQL Server 2012のリストアしてみたいと思います。

記事を読む

Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Microsoft Office
【Access】削除クエリの「指定されたテーブルから削除できませんでした。」の対処法

削除クエリで「指定されたテーブルから削除できませんでした。」と ポッ

Microsoft Office
【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完

データベース
【SQL Server】Excel VBAのレコードセットを使ってテーブルの一括更新

前々回は読み取り専用でレコードセットへ取得し、結果をエクセルへ書き出し

application
【Visual Studio】デバック、ブレークポイントで止まらない。

Visual Studio 2015でVB.netのプログラムをデバッ

データベース
【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/updat

→もっと見る

PAGE TOP ↑