*

【コマンドプロンプト】cmdでSQLの結果を変数に取得する方法

力技の取得方法をご紹介。というかメモ。

題名には偉そうに書きましたが…なかなか良い方法が見つかりませんでした。探すと一度テキストに落として、そこからfor文を使って変数に取り込むというのはあるのですが、直接コマンドプロンプト上の変数に入れる方法うまく見つけられませんでした。

ストアドを作って~ とかもあったのですが、本番のDBにストアドを作成するには、うちの職場は申請とかが必要なので。。

ということで、下記のバッチを作成。

echo offsqlcmd -S 【接続サーバ名】 -E -d 【接続データベース名】 -h -1 -Q “EXIT(set nocount on;select count(*) from 【テーブル名】)”
SET STAT= %ERRORLEVEL%echo リターン値:%STAT%

pause

 

力技ではなく、きちんと変数に取り込みたい場合は、こちら

 

ポイントは、sqlcmdのオプション「-Q」の赤文字です。

解説しますと、”EXIT()“で囲むことで、ERRORLEVELにリターン値として格納することができます。また、”set nocount on“で「(1 行処理されました)」と表示されるところを表示されないようにしています。

上記のように、書くことで ERRORLEVELにリターン値を入れてます。

で、結果が↓です。

SQLの結果をコマンドプロンプトの変数に直接取得

SQLの結果をコマンドプロンプトの変数へ直接取得

このSQLでは、テーブルのレコード数をカウントした結果をリターン値として取得していますが、うまく値を取得することができて、変数として扱っています。

ただし!このバッチには問題がたくさんありますorz

その1.リターン値に数値しか扱えない。

文字列は取得できません。文字列の数字の「1」などは取得できます。文字列の「01」などは「1」として扱われます。リターン値なので、当然ちゃ当然ですね。。

その2.select文のカラム1つしか取得できません。

カラムが複数ある場合は、先頭カラムのみしか取得できません。

その3.select結果の最終行しか取得できません。

select結果が2行以上ある場合は、最終行のみ取得できます。

その4.符号付32bit以上の数値は扱えません。

つまり「2147483647」までです。これはSQLというか、コマンドプロンプトの問題です。コマンドプロンプトでは「2147483647」以上の数値を扱えないため、「無効な数字です。数値は 32 ビットで表記される数値です。」と表示されてしまいます。

 

と、色々制約?があり、ちょっと使いづらいですが、いちよーSQLの結果を直接、変数に格納することができたので、メモしておきます。

ちなみにSQL SERVER 2008と2012での動作は確認しました。

色々探して、さらに良い方法を見つけたいと思います。

 

Adsense

関連記事

データベース

【Management Studio】データベースの定義を取得する方法

あくまでデータベース定義の取得です。 ※データベースのデータを取得する方法ではありません。

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012】バッチ(コマンドプロンプト)でリストア

バッチ(コマンドプロンプト)を使って、SQL Server 2012のリストアしてみたいと思います。

記事を読む

データベース

【SQL Server】varchar型、nvarchar型の文字数とバイト(byte)数を取得する

varchar型の文字数、バイト(byte)数を取得する方法 SELECT LEN(【文字

記事を読む

コマンドプロンプト

【コマンドプロンプト】32bit以上の計算をする方法(引き算)

コマンドプロンプトで計算するときに「Set /a ~」で計算式を使うと符号付32bitの間でしか計算

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012】Management Studioでサンプルデータベース(mdfファイル)をアタッチ

以前、Windows Server 2012にMicrosoftR SQL ServerR 2012

記事を読む

データベース

【SQL Server】アンインストール手順

手順としては、http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/

記事を読む

データベース

【ODBC】Access2007でSQL Server 2012に接続する為のサーバー側の設定

ODBCでAccess2007からSQL Server 2012へ接続する為には SQL Serv

記事を読む

データベース

【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/update/delete) 今回

記事を読む

データベース

【SQL Server】データベース作成日時(リストアした日付)を確認する方法

トラブルの調査をするとき、開発用の環境を作成して、調査するのですが… この環境っていつ作成した

記事を読む

コマンドプロンプト

【コマンドプロンプト】バッチでセクション付のINIファイルの読み込み

バッチファイルでINIファイルから値を読み込む 1.INIファイルの用意 以下の「バッチファイル

記事を読む

Adsense

Comment

  1. じいさん より:

    MSって、SQLCMDとPOWERSHELLの関係など、こういう連携をなんで考えないでしょうか?
    いろいろ勝手に新しいものを出すんだけど、既存のものとの関係などはどうでもいいのでしょうかね?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Microsoft Office
【Access】削除クエリの「指定されたテーブルから削除できませんでした。」の対処法

削除クエリで「指定されたテーブルから削除できませんでした。」と ポッ

Microsoft Office
【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完

データベース
【SQL Server】Excel VBAのレコードセットを使ってテーブルの一括更新

前々回は読み取り専用でレコードセットへ取得し、結果をエクセルへ書き出し

application
【Visual Studio】デバック、ブレークポイントで止まらない。

Visual Studio 2015でVB.netのプログラムをデバッ

データベース
【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/updat

→もっと見る

PAGE TOP ↑