*

【Outlook】同期の失敗フォルダを消す方法

問い合わせで、Outlookの「同期の失敗」フォルダを消したいと受けた。

調べてみたけど、基本的には無理みたい。。

環境は、Outlook2007にExchange2003。

ということで、

「同期の失敗」フォルダを強引に消す方法。

端末のユーザープロファイルを削除する

消せました。Outlook は、初期設定が必要になりますがね。

ちなみに、ユーザープロファイル内の 「ostファイル」をリネームして起動し、サーバーと再同期をかけてみても「同期の失敗フォルダ」は消えませんでした。

プロファイルを消さなくても、Outlookのアンインストールで行けるかも?(未検証)

ここまでして消すほどの物ではないと思いますが、気にする人は気にするみたいです。。

また、ユーザープロファイルを削除するので、端末ローカルのファイルが全て消えてしまいます。

個人用フォルダ(pst)ファイルがプロファイル内に存在すると消えてしまうので

実施する際は、バックアップをしっかり取って慎重に。

 

 

Adsense

関連記事

Microsoft Office

【Excel】グラフ(オブジェクト)の名前変更方法

Excel2013でのお話。 とりあえず、僕が探したところ三つありました。 【1つ目】名前ボ

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】複数のエクセル(ブック)のシートを一つのブックに結合するVBA

複数のエクセルのシートを一つのエクセルにまとめるVBAを作ってみた。 ソースコードは使い方の下

記事を読む

Microsoft Office

【拡張子:accde】Access2007でaccdeの使い道と作成方法

うちの職場ではEUC(End User Computing)として Access2007 を多用して

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】VBAでセルの書き込みを5倍高速化する方法

Excel VBAで While文やFOR文を使用してループさせ、行、列をカウントアップして、 大

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】Gmailを使う時の設定(Gmailアカウント側)

OutlookでGmailを使用するには、Gmailのアカウント側でいくつか設定をしなければいけない

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】エクセルを起動(実行)しても、何も表示されない。

仕事の共有で使用しているエクセルを開くと、Excelの枠だけ表示されて何も表示されない。 壊れ

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】関数を一括でメモ帳などにコピーする方法

  セルに入力されている関数一つのみコピーしたい場合、対象セルを選択して、数式バーか

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】プレビューウインドウ(閲覧ウインドウ)で表示したら、メール既読のオフ設定

前回、「Outlookの開封メッセージ送信を先送りにする方法」で、少し書きましたが、 私用のメ

記事を読む

Microsoft Office

【Excel】複数項目を指定した昇順、降順の並べ替え方法

Excel 2013でのお話。 なぜかわからないが、Excelのオートフィルターを使うと単一の

記事を読む

Microsoft Office

【Outlook】開封メッセージ送信を先送りする技。

朝一でOutlookを起動したら、開封確認のメッセージ。 すごく嫌。個人的には、非常に嫌い。

記事を読む

Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Microsoft Office
【Access】削除クエリの「指定されたテーブルから削除できませんでした。」の対処法

削除クエリで「指定されたテーブルから削除できませんでした。」と ポッ

Microsoft Office
【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完

データベース
【SQL Server】Excel VBAのレコードセットを使ってテーブルの一括更新

前々回は読み取り専用でレコードセットへ取得し、結果をエクセルへ書き出し

application
【Visual Studio】デバック、ブレークポイントで止まらない。

Visual Studio 2015でVB.netのプログラムをデバッ

データベース
【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/updat

→もっと見る

PAGE TOP ↑