*

【SQL Server 2012】バックアップ/リストア方法 バックアップ編

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 データベース , , ,

Management StudioでSQL Server 2012のデータベースバックアップファイルを作成したいと思います。
1.Management Studioを起動して、バックアップを取得したいデータベースに接続。
データベースのバックアップ サーバーへの接続
2.オブジェクトエクスプローラー/【サーバー名】/データベースと開き、
【バックアップ対象のデータベース】の上で右クリック。
オブジェクトエクスプローラーのバックアップ対象データベースの選択
※画像では【db_Sales】がバックアップ対象のデータベースです。
3.タスク/【バックアップ】を選択
バックアップを選択
4.【全般】で【バックアップの種類】に【コピーのみのバックアップ】にチェックを入れます。
データベースのバックアップ画面
※商用のデータベースなんかは毎日バックアップを取得していると思いますが、
差分バックアップなどを設定している場合は、このチェックを入れないと、フラグがクリアされてしまい
今回取得するバックアップがフルバックアップ扱いになってしまう
ので、
チェックを入れることをオススメしておきます。
5.バックアップをローカルドライブにする場合は、【バックアップ先】の【ディスク】にチェック入れます。
データベースバックアップ ローカルディスクにバックアップ指定
7.デフォルトのバックアップ先のパスとファイル名よければ、そのままでOKですが、
変更したい場合は、デフォルトのバックアップ先を選択し、【削除】をクリック
データベースバックアップ デフォルトバックアップ先を削除
8.【追加】をクリック
バックアップ先の変更"
9.バックアップ先の選択画面で、↓の赤枠部分をクリックします。
バックアップ先の指定
10.データベース ファイルの検索画面で、保存したいディレクトリを選択し以下を設定し【OK】をクリック。
※ネットワーク上のフォルダは選択できないようです。ネットワークドライブを割り当ててもダメでした。
・ファイルの種類:【バックアップファイル(*.bak、*.trn)】
・ファイル名  :【保存したい名前】.bak
※拡張子の「.bak」を付けずに保存すると、リストアが出来ない場合があったので
拡張子まで指定して保存することをオススメします。

データベース ファイルの検索画面
11.バックアップ先の選択画面に戻ってくるので、【ファイル名】が指定したパスとファイル名に
なっていることを確認し、【OK】をクリック。
バックアップ先の選択画面
12.オプション画面では、色々設定できますが、特に何も気にせずデフォルトでも問題ありません。
バックアップの信頼性を高めるという意味では、【信頼性】の【完了時にバックアップを検証する】に
チェックを入れても良いかもしれません。
とりあえず、僕はデフォルトのまま【OK】をクリックしました。
データベースバックアップ オプション
13.【OK】をクリックすると進行状況のパーセンテージが増えていきます。
データベースバックアップの進行状況

100%になり、バックアップが完了すると↓のポップアップが表示され、バックアップは完了です。
データベースバックアップの作成完了ポップアップ
14.Windowsのエクスプローラー上でバックアップが作成されていることを確認します。
エクスプローラー上でファイルの確認
以上で完了です。
リストア編はこちら

Adsense

関連記事

データベース

【SQL Server】データベース作成日時(リストアした日付)を確認する方法

トラブルの調査をするとき、開発用の環境を作成して、調査するのですが… この環境っていつ作成した

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012】Management Studioで誰がデータベースに接続しているか調べる。

SQL Server 2012でリアルタイムで接続しているユーザーを確認するには Manageme

記事を読む

データベース

【SQL Server】アンインストール手順

手順としては、http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012 Express】Windows Server 2012にインストールしてみる

Windows Server 2012にSQL Server 2012をインストールしてみる。 以

記事を読む

データベース

【SQL Server】varchar型、nvarchar型の文字数とバイト(byte)数を取得する

varchar型の文字数、バイト(byte)数を取得する方法 SELECT LEN(【文字

記事を読む

データベース

【SQL Server】Management Studioを使ったトランザクションログファイルの圧縮

「ファイルが書き出せない」と問い合わせを受け、DBサーバーのマイコンピュータ確認したら、Dドライブ(

記事を読む

データベース

【Management Studio】テーブル単位のメモリ使用量の確認

1.Management Studioを起動し、メモリ使用量が確認したい対象サーバーへ接続 2.確

記事を読む

データベース

【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/update/delete) 今回

記事を読む

データベース

【SQL Server 2012】テーブル、カラム、主キー、NULL制約、データ型、長さ、INDEXの有無の一括表示

職場のシステムリプレースに伴い、データベースのテーブル(カラム)の一覧が必要になりました。 普

記事を読む

データベース

【SQL Server】Management Studioでテーブルをデザインから変更するとエラーになる

変更の保存が許可されていません。行った変更には、次のテーブルを削除して再作成することが必要に

記事を読む

Adsense

Comment

  1. […] ← 【SQL Server 2012】バックアップ/リストア方法 バックアップ編 【SQL Server 2012】バッチ(コマンドプロンプト)でバックアップ → […]

  2. […] Server 2012のバックアップを取得します。 前回は、Management Studioを使用してデータベースのバックアップを取得しましたが、 定期バックアップのたびにManagement […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Adsense

Microsoft Office
【Access】削除クエリの「指定されたテーブルから削除できませんでした。」の対処法

削除クエリで「指定されたテーブルから削除できませんでした。」と ポッ

Microsoft Office
【PowerPoint】表や図形、画像オブジェクトの位置をピッタリ合わせる方法

パワーポイントで、図形や画像等のオブジェクトの細かい位置調整は、 完

データベース
【SQL Server】Excel VBAのレコードセットを使ってテーブルの一括更新

前々回は読み取り専用でレコードセットへ取得し、結果をエクセルへ書き出し

application
【Visual Studio】デバック、ブレークポイントで止まらない。

Visual Studio 2015でVB.netのプログラムをデバッ

データベース
【SQL Server】Excel VBAでSELECT文を実行してレコードセットへ取得

前回は、テーブルのレコードをVBAで直接更新(Insert/updat

→もっと見る

PAGE TOP ↑